肥満治療薬に頼らず健康的に痩せて高血圧も改善

痩せたい、という思いは、多くの肥満患者の悩みです。肥満は、「患者」と呼ばれることもあるくらい病的なものもあれば、軽くぽっちゃり、という程度までさまざまですが、健康的かどうかという視点で言えば、少なくとも健康的ではないなという判断にはなってしまいます。また肥満は、高血圧や糖尿病など他の生活習慣病と深い関連があり、お互いに関連し合うことが多いという背景があります。いわゆる「メタボリックシンドローム」というものですが、これらを薬で治療するということはあるのでしょうか。実際に食欲を抑えるために用いられる肥満治療薬はあり、過度の肥満など状態によっては医療保険の適応となることもあるのですが、けして一般的ではありません。また食欲を抑えるだけでは、健康的なダイエットにはほど遠いと言わざるを得ません。また、こういった肥満治療薬を保険適応を使う場合には、大抵先に述べたような高血圧や糖尿病、脂質異常症などの他の疾患、既に進行している場合には狭心症などの動脈硬化に伴う疾患の治療を並行して検討しなければならないようなケースがほとんどです。また、現在流通している肥満治療薬は向精神薬に該当する薬で、副作用も注意しなければならないため、一般の人が痩せたいということから安易に利用することを勧められるものではありません。従って、こういった薬を用いずに健康的に、かつ高血圧などの他の疾患も同時に考えたダイエットを行うということが、健康的な生活を送るためにはまず重要であるという考えに立ち至る必要があります。基本に立ち返り、食事の内容、運動の内容を確認して、食事を減らしたり運動を増やしたりしてカロリーコントロールを行い、生活を豊かにしていきたいものです。